森ビル株式会社

コンセプト・開発経緯

虎ノ門ヒルズ ステーションタワーは、東京メトロ日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」駅※と一体的に開発する、これからの都市再生モデルとなるプロジェクトです。
地上49階建て、高さ約265mの超高層タワーには、基準階約1,000坪のグローバルレベルのオフィス、広場と一体になった商業施設、国際水準のホテルなどを整備します。また、最上部には、様々なビジネスイベントに対応するフォーラム、ギャラリー、レストランなどを有する多機能複合施設を配置し、新たなビジネスやイノベーションの発信拠点になることを目指します。
さらに、駅直結の賑わい溢れる開放的な広場に加えて、桜田通り上に歩行者デッキを整備することで、重層的な歩行者ネットワークを実現。虎ノ門エリアの新たな交通結節拠点として機能します。

最上部の交流施設(イメージ)
最上部の交流施設(イメージ)
駅前広場(イメージ)
駅前広場(イメージ)

※東京メトロ日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」駅
東京メトロ日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」駅の整備は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前の供用開始、2022年度最終完成を目指し、2016年2月8日に起工式が行われました。新駅は日比谷線霞ケ関駅~神谷町駅間の国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置し、相対式2面のホームが設置されます。東京メトロの営業線としては約20年ぶりの新駅、日比谷線の新駅は1964年の銀座駅と日比谷駅以来、56年ぶりとなります。

データシート

事業名称 虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発事業
所在地 東京都港区虎ノ門1丁目、2丁目の一部
準備組合設立 2016年2月
敷地面積 約13,960m²
延床面積 約255,300m²
用途 事務所、店舗、ホテル 他
着工 2019年11月
竣工 2023年7月(予定)
構造 RC造(一部S造、SRC造)
設計 森ビル(株)