森ビル株式会社

都市づくりのコミュニケーション

「国際不動産見本市 MIPIM 2019」日本ブース

企画・運営 都市に関する空間展示

海外からの企業立地や、投資への関心を喚起するためのシティセールスなどを目的として出展。「Welcome to Japan, a land of tradition and innovation」をキーワードに、海外の投資家やディベロッパー、設計会社、自治体などに向けた都市開発や不動産投資に関する意見交換の機会の形成を目指し、日本ブースを企画・運営。

  • 期間:2019年3月11日~14日
  • 場所:フランス・カンヌ市 パレ・デ・フェスティバル

「第20回不動産ソリューションフェア」森ビルブース

企画・運営 都市に関する空間展示

「森ビルの原点と未来を創る都市開発」をキーワードにブースを展開。「西新橋2森ビル」から始まり、「六本木ヒルズ」などの大型開発を経て、現在は、虎ノ門エリアをグローバルビジネスセンターに進化・拡大するべく各計画を進める森ビルの原点と未来を創る都市開発を、最新模型ソリューションである3Dプリンタ都市模型とプロジェクションマッピングで紹介。また、西新橋2森ビルと現地ブースを繋ぎ、働き方を変えるテレワークの実験も実施。

  • 期間:2018年10月16日〜17日
  • 場所:東京ビッグサイト

文化庁 メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業「メディア芸術ライブラリーカフェ」

企画・運営 文化に関する空間展示

マンガやアニメーションなどの「メディア芸術」の情報拠点・コンソーシアム構築を目指す、文化庁による事業の一環として、気軽にメディア芸術に触れることができるフリースペース「メディア芸術ライブラリーカフェ」を、六本木で行われた文化庁メディア芸術祭受賞作品展にあわせて開催。受賞作品(マンガ部門)やメディア芸術関連書籍を集めたライブラリーを設置するとともに、事業の取り組みや調査研究を分かりやすく展示し、クリエイターや研究者によるトークセッションも実施。

  • 期間:2013年2月13日〜24日
  • 場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース
  • 主催:メディア芸術総合情報事務局(文化庁)

経済産業省 クール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)「上海におけるコンテンツ×地域情報発信事業」

企画・運営 文化に関する空間展示

経済産業省によるクール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)の一環として、アニメなどのコンテンツを活用し、上海におけるクール・ジャパンの拠点を形成するとともに、富裕層のインバウンド促進を図るプロジェクト。コンテンツ業界や旅行業界と連携し、日本商品専門展示会への出展や、小型ショップのテスト出展、モデルツアーの実施などを通じて、ジャパンコンテンツと地域観光情報を組み合わせた情報発信を実施。

  • 期間:2012年7月~2013年3月
  • 場所:上海
  • 事務局:森ビル(メディア企画部)※代表企業
  • 実施体制:JTBコーポレートセールス(旅行会社)、角川書店、プロダクション・アイジー(コンテンツ企業)、日本航空(インバウンド関連企業)、ジェイシーヒア(展示会主催者、小型ショップ出店・運営)