MORI NOW 森ビルの今をお伝えします

2019年06月21日

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」開業1周年

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」(以下、当館)は、2019年6月21日(金)に開業1周年を迎えました。

"Borderless"のコンセプトのもと、季節によってうつろう作品群や境界なくつながる世界は、オープン1年で、世界160ヵ国以上から約230万人の動員を達成しました。年間約230万人の来館者数は、東京国立博物館や金沢21世紀美術館など、日本の名だたる美術館・博物館に並ぶ記録です(※1)。約230万人の来館者のうち、訪日外国人割合は約50%(※2)に達しています。さらに、当館が実施したアンケート調査によると、来館した訪日外国人のうち約50%(※3)が当館を目的に東京を訪れたことが明らかになっています。
当館は東京・日本の新たなデスティネーションとして、臨海エリアの活性化にも大きく貢献しています。オープン後、最寄り駅である新交通ゆりかもめ「青海」駅の乗降者数は前年比で約1.5倍に、隣接する商業施設「ヴィーナスフォート」の入館者数は約1.2倍に上昇しました。
※1 『月刊レジャー産業資料』2018年9月号、業態別・主要有料施設の年間入場者数トップ10「ミュージアム」部門データに基づく
※2 公式ウェブサイト チケット購入者データより(調査期間:2019年2月16日-6月7日)
※3 来館者を対象に実施したアンケート調査より(調査期間:2018年10月25日-11月2日)、回答者数1,237人

来館者の訪日外国人割合は約50%
年間約230万人に占める訪日外国人割合は約50%に達し、160ヵ国以上におよぶ世界の国・地域から多くのお客様にお越しいただきました。訪日外国人の国・地域別割合は、1位アメリカ、2位オーストラリア、3位中国、4位タイ、5位カナダ、6位イギリスと、近隣諸国のみならず、遠方の国からのお客様が多いことが特徴です。特に、最新のデジタル技術を駆使したアートによって、日本ならではの四季の移ろいや日本古来の文化を五感で体感できる点が、海外からの来館者をはじめとした多くのお客様から高評価を頂いています。

190621_1.jpg
にぎわいを見せる館内の様子
190621_2.jpg
世界160ヵ国以上から約230万人が来館

190621_3.jpg
「阿波踊り」の世界観を表現した作品
190621_4.jpg
日本の原風景や四季の移り変わりを表現した作品

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」は、今後も東京・日本の新たなデスティネーションとして、世界中の人々を国際都市・東京に惹きつけるべく進化してまいります。

ニュースリリース:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless《オープン1周年》世界160ヵ国以上から約230万人が来館

このページのTopへ