MORI NOW 森ビルの今をお伝えします

2019年06月11日

虎ノ門ヒルズ 森タワー開業5周年

「虎ノ門ヒルズ 森タワー」は、2019年6月11日(火)に開業5周年を迎えました。

「国際新都心・グローバルビジネスセンター」形成の起爆剤として「虎ノ門ヒルズ 森タワー」が誕生してから5年。「都市を創り、都市を育む」の理念で都市づくりをする当社は、オフィスや住宅、商業施設、ホテル、交通インフラなど、多様な都市機能を高度に複合させたコンパクトシティを開発するだけにとどまらず、様々なパートナーとともにエリアマネジメント活動を展開し、エリア全体の活性化に取り組んでいます。

190611_1.jpg
進化を続ける虎ノ門ヒルズエリアでは、様々なイノベーションやコミュニケーションが生まれています

現在、「虎ノ門ヒルズ 森タワー」に加え、「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」、そして東京メトロ日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ駅」と一体的に開発する「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の3つの大規模プロジェクトを推進しています。これらの超高層タワーがすべてそろうと、「虎ノ門ヒルズ」は区域面積7.5ha、延床面積80万㎡に拡大。約30万㎡のオフィス、約720戸のレジデンス、約26,000㎡の商業店舗、約15,000㎡の緑地空間を備え、道路や鉄道などの交通インフラも備えた大規模複合都市となり、六本木ヒルズに匹敵する街へと進化します。

引き続き、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズ、六本木ヒルズそれぞれのエリアがもつ地域特性を活かしながら、東京の国際競争力を牽引する国際新都心の形成を進めてまいります。

このページのTopへ