ニュースリリース

2011年04月05日

戻る

2011年04月05日
森ビル株式会社

「(仮称)21・25森ビル建替計画」着工へ

~アークヒルズとの一体整備、地域の回遊性向上~

森ビル株式会社が港区六本木にて推進して参りました「(仮称)21・25森ビル建替計画」が、本日4月5日(火)安全祈願祭を執り行い、本体工事に着手いたします。

当計画は、六本木21森ビル、六本木25森ビルの一体建替計画であり、二棟を高品質の超高層オフィスビル一棟に建て替えます。今回は隣接するアークヒルズに接続する歩行者デッキを合わせて整備することで、アークヒルズと一体となり、歩行者の回遊性を向上させ、地域をつなぎ、赤坂・六本木エリアの魅力向上に貢献いたします。
今後は2013年6月の竣工を目指し、鋭意取り組んでまいります。

【当計画の主な特徴】
・アークヒルズと歩行者デッキで接続し、歩行者の回遊性を向上 
・駅直結の高品質かつ開放的なオフィス(約1,900m²、天井高2.9mの整形フロア)
・豊かな緑化計画(都内最大級のルーフガーデンと生物多様性に配慮した地上部植栽)

110405_4.jpg
完成イメージ

当計画の主な特徴

アークヒルズと歩行者デッキで接続し、歩行者の回遊性を向上
当計画では地域の利便性向上に向け、隣接するアークヒルズや泉ガーデンとを歩行者デッキや広場等でつなぎ、歩行者の回遊性を向上させ、地域をつなぐことで周辺エリアの魅力向上に貢献いたします。
当計画は各国の大使館が立ち並び、国際色豊かな地域である通称「大街区」(約75ha)に位置します。大街区では、港区の街づくりの整備方針に沿って、アークヒルズや泉ガーデンなど、段階的に、道路、広場等都市基盤の整備と複合的な都市機能の更新とが計画的に進められています。当計画の推進により、大街区エリアにおける都市基盤のさらなる機能更新に貢献してまいります。
※「大街区」エリアに関しては別紙PDF参照

110405_1.jpg

駅直結の高品質かつ開放的なオフィス(約1,900m²、天井高2.9mの整形フロア)
オフィスは約1,900m²の整形フロアであり、レイアウトの自由度が高く、現代の多様なニーズに応えられるよう最先端のスペックを整えました。
天井高もトップクラスの2.9mを確保し、高品質かつ開放的なオフィス空間を提供します。
また、六本木一丁目駅にも直結し、アクセス面の優位性も特徴です。

110405_2.jpg
エントランス空間イメージ

豊かな緑化計画(都内最大級のルーフガーデンと生物多様性に配慮した地上部植栽)
オフィスビルとしては約1,000m²と都内最大級のルーフガーデンを有し、足元には土地の起伏を活かした緑豊かな広場も整備し、アークヒルズの成熟した緑とも連続した潤いある景観が展開します。この緑化計画においては、生物多様性に配慮し、元来この地域に存在する植生に基づき、地域の自然の再生を目指します。

計画概要
事業計画名称:(仮称)21・25森ビル建替計画
所在地 :東京都港区六本木一丁目4-30 他
敷地面積:5,843m²
建築面積:3,139m²
延床面積:55,052m²
階 数 :地下4階、地上20階、塔屋1階
用 途 :事務所、店舗、駐車場
建物高さ:108m
構 造 :鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造+コンクリート充填鋼管構造
建築主 :森ビル株式会社
設計者 :森ビル株式会社一級建築士事務所
(協力事務所/建築)株式会社入江三宅設計事務所
(協力事務所/電気・設備)株式会社建築設備設計研究所       
施工者 :清水建設株式会社
着 工 :2011年4月
竣 工 :2013年6月(予定)

110405_3.jpg

PDFデータ(552KB)

別紙:森ビルが重点的かつ戦略的に再開発を進める「大街区」周辺エリア(PDF)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 広報室 竹内

住所 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー私書箱1号
TEL 03-6406-6606
FAX  03-6406-9306
E-mail koho@mori.co.jp

このページのTopへ