六本木ヒルズでは、2021年1月22日(金)~2月14日(日)の期間、スイーツ専門店からアパレルショップ、レストラン・カフェまで計26店舗が参加するバレンタインフェア「Roppongi Hills St.Valentine's Day 2021」を開催します。

2021年はバレンタインスイーツとして、きな粉やこし餡など"和"の食材や"国産"素材を使った、日本らしさを感じていただける商品をお届けします。「吉祥菓寮」からはミヤギシロメ大豆を深煎り自家焙煎したきな粉を使った珍しいチョコレートが登場。チョコレート専門店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」では、ローストした新潟産コシヒカリの玄米を使ったプラリネを販売します。

また、六本木ヒルズ限定のチョコレートスイーツも豊富にラインナップ。毎年大好評の「ビームス」からは、コーポレートカラーでもあるオレンジ色をキーカラーとした見た目も華やかなチョコレートが登場します。「ジー ギフト アンド ライフスタイル」と「ヒルズ ダル・マット」からはお酒が効いた、六本木ヒルズならではの"大人贅沢"なチョコレートスイーツを販売。さらに、ポップアップスペース「ヒルズ ボックス」には、1月29日(金)~2月14日(日)の期間限定でチョコレート専門店が3店舗同時にオープンします。
ベルギー発の新世代ショコラティエや、国内外で注目を集めるショコラティエ 三枝俊介氏が手掛けるチョコレート、八芳園より日本が誇る春夏秋冬の食材を感じていただけるチョコレートなど、今注目のチョコレートが揃います。

さらに、今年6月にオープンしたノースタワーB1F ギフトエリアでも、バレンタイン時期の手土産や自分へのご褒美にもピッタリなチョコレートスイーツを多数ご用意しています。「ニュウスタイル銀座千疋屋」からは、こだわりのフルーツをベースに、春夏秋冬の移り変わりを表現したチョコレートが登場。パッケージには、四季折々のフルーツが描かれていて、見た目でもお楽しみいただけます。また、「ビチェリン」からはG20大阪・G7伊勢志摩の両サミットで世界のトップが賞味した焼菓子の"バレンタイン限定フレーバー"を販売。その他「ジョルジオ アルマーニ」からは可愛らしいハート型の限定ボックスが登場するなど、味だけでなく見た目やパッケージにもこだわった可愛らしい商品も取り揃えています。

大切な人へのプレゼントとしてはもちろん、自分への"ちょっと贅沢なご褒美"としてオススメの商品を豊富にお届けします。

201217_2.jpg