ニュースリリース

2019年06月19日

戻る

2019年06月19日
森ビル株式会社

【森美術館】《開幕》「塩田千春展:魂がふるえる」

森美術館は、2019年6月20日(木)から10月27日(日)まで、「塩田千春展:魂がふるえる」を開催します。

ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする塩田千春は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られています。個人的な体験を出発点にしながらも、その作品はアイデンティティ、境界、存在といった普遍的な概念を問うことで世界の幅広い人々を惹きつけてきました。なかでも黒や赤の糸を空間全体に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションは、彼女の代表的なシリーズとなっています。

本展は、塩田千春の過去最大規模の個展です。副題の「魂がふるえる」には、言葉にならない感情によって震えている心の動きを伝えたいという作家の思いが込められています。大型インスタレーションを中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、舞台美術の関連資料などを加え、25年にわたる活動を網羅的に体験できる初めての機会になります。「不在のなかの存在」を一貫して追究してきた塩田の集大成となる本展を通して、生きることの意味や人生の旅路、魂の機微を実感していただけることでしょう。

190619_1.jpg

詳細はPDFデータをご覧下さい(7.7MB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 森美術館 広報

TEL 03-6406-6111
FAX  03-6406-9351
E-mail pr@mori.art.museum

このページのTopへ