ニュースリリース

2009年02月16日

戻る

2009年02月16日
森ビル株式会社

「危険学プロジェクト」公開報告会のお知らせ

森ビル株式会社が参画する、危険に関する知見を社会的に共有する仕組みの構築を目標とした「危険学プロジェクト」(代表:畑村洋太郎氏)は、3月22日(日)、2008年度の活動を報告する公開報告会を開催いたします。

森ビルは、「安全・安心」の都市づくりをさらに推進するため、協賛企業として同プロジェクトをサポートするとともに、実証実験のための施設提供や、調査・研究へのメンバー派遣など、同プロジェクトに全面的に協力しております。
2007年4月に発足した同プロジェクトは、事故の防止を最終目標に、これまで約2年間、通常行われている事故調査や狭義の原因究明に留まらず、社会・組織・人間の考え方や行動様式の解明にまで踏み込んだ調査研究を実施してきました。今後、これらの研究によって得られた知識をもとに、想定される危険を回避する具体的な方法の提案を試みます。さらに、これらのプロジェクト活動の成果を社会の共有財産とするため、広く世の中に情報発信し、知識を共有することを目指します。

090216_1_1.jpg

このたび、2008年度の活動内容と得られた知見を取りまとめ、以下の通り公開報告会を開催する運びとなりましたので、お知らせいたします。

危険学プロジェクト2008年度末 公開報告会

日 時:2009年3月22日(日)13時~18時(開場12時30分)
場 所:アカデミーヒルズ 49階タワーホール(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)  
参加費:資料代 1500円(当日渡し)
主 催:危険学プロジェクト
協 力:森ビル アカデミーヒルズ
後 援:畑村創造工学研究所

※一般の方も公聴できます。
下記ウェブサイトより申し込み下さい。(TEL・FAXによる申し込み不可)
参加申し込みURL:http://www.sozogaku.com/hatamura/

【プログラム】
12:30 開場
13:00 開会、開会挨拶
13:05 「危険学プロジェクト・2年目を振り返って」危険学プロジェクト代表 畑村洋太郎
13:45 活動報告1:グループ(0)~(5)
14:35 休憩
14:50 活動報告1(続き):グループ(6)~(11)
16:00 休憩
16:15 活動報告2:
     (1) エスカレーター・機械式駐車場実験
     (2) 絵本「子どものための危険学」の出版と配付
     (3) 危なくない遊具の試作
17:30 質疑応答
17:50 次年度の活動内容
17:55 閉会挨拶
18:00 閉会
*集会の写真・ビデオ撮影および録音はお断りいたします。

【研究対象】
0)本質危険、1)エレベーター、2)エスカレーター、3)機械式駐車場、4)ソフトウェアシステム、5)設計の思考過程、6)医療従事者の行動と思考、7)遊具、8)絵本「子どもたちのための危険学」配布、9)情報発信とフィードバックシステム、10)津波シェルター、11)航空

【協賛企業】
森ビル(株)、日産自動車(株)、東京エレクトロン(株)、JR東日本(株)、JR西日本(株)、(株)松井製作所、新川電機(株)、新川センサテクノロジ(株)、日本キスラー(株)、東芝エレベータ(株)、三和ホールディングス(株)、(株)トクヤマ、(株)森精機、産業技術総合研究所、NHK、読売新聞、講談社、岩波書店、(株)畑村創造工学研究所
(順不同)

PDFデータ(108KB)

本件に対するお問合せ先

畑村創造工学研究所神田分室 危険学プロジェクト事務局

TEL 03-3253-0231
FAX  03-3253-0232
E-mail kikengaku-houkoku@sozogaku.com

森ビル株式会社 広報室 深野

TEL 03-6406-6606
FAX  03-6406-9306
E-mail koho@mori.co.jp

このページのTopへ