ニュースリリース

2019年09月17日

戻る

2019年09月17日

【表参道ヒルズ】OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019

「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、絶え間なく変化するクリスマスイルミネーションを展開

表参道ヒルズでは、11月13日(水)~12月25日(水)まで、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019」と題したクリスマスプロモーションを展開します。期間中、本館 吹抜け大階段では、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、アートやデザインの視点を取り入れたイルミネーションを実施します。

■新進気鋭のデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用し、独創的なイルミネーションに挑戦
表参道ヒルズでは2017年よりアートの視点を取り入れたクリスマスイルミネーションに取り組んでいます。
この冬のクリスマスイルミネーションはコンテンポラリーデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用。同デザインスタジオは、日常の中に潜む事象や驚きを表現し、見る人に新しい視点と価値を提示するような作品をミラノ・サローネなど国内外で発表しています。今回、表参道ヒルズでは「水」の特性を活かし、表情が変わり続ける独創的なイルミネーションをお届けします。

■見え方が刻々と変化!大小異なる特殊な水槽に囲まれた不思議なクリスマスツリーが登場
期間中、本館 吹抜け大階段には約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリーが登場。
天井部には、水槽をイメージしたゴールドのフレームをオブジェとして装飾し、吹抜け空間全体をダイナミックに彩ります。
大小異なるサイズの水槽に入っているのは、「吸水性ポリマー」。この「吸水性ポリマー」は透明度が非常に高く、水中では水の屈折率と近い屈折率を持ち、水と一体化し見えなくなる特性があります。
そのため、水槽内の水量が増えるにしたがい「吸水性ポリマー」の輪郭が消え、水槽の奥にあるクリスマスツリーもくっきり見えてきます。各水槽の水量が音楽にあわせて順々に変化していくのと共に、LEDライトで光り輝くクリスマスツリーも、はっきりその姿が浮かび上がったり、モザイク調に見えたりと刻々とその見え方が変化します。瞬間ごとに変化し続けるクリスマスツリーは、時間を忘れてその変わりゆく様子をずっと見つめていたくなるような、幻想的な美しさです。さらに30分ごとに実施する約5分間の特別演出では、音と光の演出と共にクリスマスツリーの見え方がダイナミックに変化します。

今年のクリスマスは、見る場所や時間によって表情がさまざまに変化する水の魔法にいざなわれるような神秘的なイルミネーションを、表参道ヒルズでお楽しみください。

190917_1.jpg

詳細はPDFデータをご覧下さい(1.1MB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 表参道ヒルズ運営室 プロモーションチーム

TEL 03-3497-0292
FAX  03-3497-0318

このページのTopへ