ニュースリリース

2009年10月28日

戻る

2009年10月28日
森ビル株式会社

【アカデミーヒルズ】「石倉洋子のグローバル・アジェンダ・ゼミナール」2010年1月開講!

ビジネスパーソンに必須の「実現力」を高める1年間のプログラム
~ダボス会議のテーマを素材に議論する実践の場~

森ビル株式会社が運営する社会人向け教育機関「アカデミーヒルズ」(理事長 竹中 平蔵)は、2010年1月より「石倉洋子のグローバル・アジェンダ・ゼミナール」を開講します。

当プログラムは、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授である石倉洋子氏をメインファシリテーターとして、世界規模で直面している貧困・環境・人権といった問題(グローバル・アジェンダ)を議論する、ワークショップ型の1年間のプログラムです。ダボス会議などで議題に上がる「グローバル・アジェンダ」に取り組むゲスト講師と議論して知識を深めるとともに、国際会議でのモデレートやファシリテーターとしての豊富な経験をお持ちである石倉氏から、日本国内とは異なる海外でのディスカッション・ルールを学びます。それらを通じて、これからのビジネスパーソンが身に付けるべき「実現力」を習得することを目的としています。

グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンのための実践の「場」

日本人がダボス会議のような場に積極的に参加しプレゼンスを上げることは、国際社会で日本の存在感を高める為に重要ですが、そのような知性と影響力を持つ「個人」は多くありません。今回、世界経済フォーラム日本事務所の協力により、ダボス会議等での素材と最新のディスカッション手法を取り入れ、議論を実践する機会を提供し、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンが「課題設定力」「問題解決力」「情報発信力」を身につけ、その力を世界級の「実現力」にするための「場」を創ることを目指します。

【勝間 和代氏によるプレセミナーを開催】
『グローバル・アジェンダ・シリーズ 勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?』
当プログラムの開講に先立ち、世界経済フォーラムが選出するヤング・グローバル・リーダーにも選ばれている勝間和代氏によるセッションを開催します。
日時:2009年11月2日(月) 19:00~20:30
講師:勝間和代(経済評論家、公認会計士)

 

石倉洋子のグローバル・アジェンダ・ゼミナール 実施概要

■期間:1年間(2010年1月~2010年12月末)※原則毎月第一土曜日開催 全10回
■特徴:
・教材は世界経済フォーラムの素材など、英語の資料も使用します。またディスカッションやグループプレゼンテーションも一部英語で行います。これにより、英語での議論・プレゼンテーションに徐々に慣れていくことを目指します。
・ 修了レポート優秀者は、世界経済フォーラムが主催する関連会合に参加が可能です。
■定員:50名
■応募資格:
・ グローバル・アジェンダに興味がある方
・ 期間を通して積極的に活動に取り組み、「実現力」を高めたいと考える方
・ 英語による議論に参加する意欲のある方
・ 満20歳以上の個人の方
■受講料:315,000円(税込)
※六本木ライブラリー・コミュニティメンバー年会費(105,000円)含む。
ゼミ生は、六本木ライブラリー・コミュニティメンバーとして、施設を活動の場としてご利用いただけます。
■会場:アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
■主催:森ビル株式会社 アカデミーヒルズ
■協力:世界経済フォーラム 日本事務所
■お申込:Webにて受付 http://www.academyhills.com /11月30日(月)締め切り

【アカデミーヒルズ:http://www.academyhills.com
森ビルは「世界的文化都心の創造」をヴィジョンに、街づくりに「都市を創る(ハード面)」と「都市を育む(ソフト面)」の両面から取り組んでいます。「都市を育む」取り組みの一つとして、森ビルが運営するアカデミーヒルズ(理事長 竹中平蔵 慶應義塾大学教授)は“自律的に自立する個人の支援”をミッションに、「Roppongi BIZ」「アーテリジェントスクール」などを運営する「スクール事業」、会員制図書館を運営する「ライブラリー事業」、貸しホール・貸会議室を運営する「フォーラム事業」の3つの機能を軸に、都市生活者に対して「知的活動の場」と「教育の機会」を提供しております。

詳細はPDFデータをご覧ください(256KB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 アカデミーヒルズ事業部 深町友子

住所 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49階
TEL 03-6406-6649
FAX  03-6406-9350
E-mail academyhills-PR@mori.co.jp

このページのTopへ