MORI NOW 森ビルの今をお伝えします

2016年10月26日

銀座に新たな磁力と歴史を創り出す
2017年4月20日「GINZA SIX」誕生

本日10月26日、現在、銀座・中央通り(銀座六丁目)で開発が進む大規模複合施設「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」に関する記者会見を実施。施設名称を「GINZA SIX(ギンザ シックス)」、商業施設の開業日を4月20日(木)に決定したこと、またコンセプトや241の出店テナントラインナップなど、大規模複合施設の全貌を発表しました。

再開発により生み出された圧倒的なスケールとクオリティ
日本の良き伝統や歴史を継承しながら世界の最先端を取りこみ、商業集積地として日本のシンボルとなっている銀座。この唯一無二のエリアである銀座のど真ん中に、延床面積約148,700㎡、銀座エリア最大の商業施設面積約47,000㎡を誇る「GINZA SIX」が誕生します。

松坂屋銀座店の単独建替えではなく、周辺を含む2街区を合わせた約1.4haを再開発することで生み出された圧倒的なスケールは、エリア最大・241もの多彩なブランドが集結するワールドクラスクオリティの商業空間を実現。銀座の象徴である中央通りに面した全長(間口)約115mに、世界を代表する6つのラグジュアリーブランドが旗艦店として2~5層の大型メゾネット店舗を構え、個性的なファサードにより銀座の新たな顔を創り出します。

161026_1.jpg
161026_2.jpg

161026_4.jpg
161026_3.jpg

「GINZA」を冠した施設名称「GINZA SIX」は、唯一無二の街である「銀座」の歴史性、革新性を引き継ぎながら、この街とともに生き、新たな価値をもたらす存在となる覚悟と自負を表現した名前です。また、銀座6丁目の象徴として堂々とアピールするとともに、五感全てを満たすモノやコトが集まり、五感を超越した喜びや満足など新たな価値を提案する、6つ星級の価値をもった施設であることを表現しています。

GINZA SIXのブランドスローガンは、「Where Luxury Begins 世界が次に望むものを」。そして、目指すものは、成熟社会が模索する次の価値「New Luxury」です。成熟社会を迎えた今の日本において、ラグジュアリーとは単に高価で高級なものではなく、人生を豊かに充実させてくれる、最高に価値のあるモノや体験です。GINZA SIXは、一人ひとりに「Life at its Best 最高に満たされた暮らし」を提供するために、「New Luxury」を問い続けます。その答えはひとつではないし、完成した形もありません。

GINZA SIXは、ここに関わるすべての人々と協働し、創発しながら答えを考え、世界にプレゼンテーションしてまいります。それによって、東京の新たな磁力となることを目指します。
銀座に新たな磁力と歴史を創り出す。2017年4月20日、「GINZA SIX」の誕生にご期待ください。

ニュースリリース:銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」2017年4月20日誕生
GINZA SIXウェブサイト

このページのTopへ