六本木ヒルズ:コンセプト・開発経緯

戻る

コンセプト

開発前の状況

六本木ヒルズは六本木通りと環状3号線の結節点である六本木六丁目交差点の南側に位置し、計画地は六本木通りと環状3号線、テレビ朝日通りに囲まれた約11ha(六本木ヒルズゲートタワーを除く)の区域となっています。計画地の中央にはテレビ朝日の敷地が広がっており、南側の木造を中心とした低層住宅が密集して立ち並ぶ住宅地とは15m以上の高低差がありました。住宅地の中は車と人がやっとすれ違える程度の狭い一方通行の道路で、消防車が入れず防災上の課題を抱えた地域でした。
また六本木六丁目交差点は広域幹線道路の結節点でありながら、南側がトンネルのみの整備にとどまっており、平面接続されていませんでした。

  • 開発前写真
    開発前写真
  • 開発後写真
    開発後写真

六本木ヒルズの基盤整備

  • ループ車路
  • ループ車路

当再開発事業では、これまで実現されていなかった環状3号線(麻布十番側)と六本木通りを平面接続する連結側道を整備し広域交通網の向上を図りました。
また、連結側道の上部に広場状の歩行者デッキ(66プラザ)を設け、既存の地下横断歩道の改築整備を行い、現在の交差点を整備しました。66プラザは隣接するメトロハットにおいて日比谷線六本木駅連絡通路と直通エスカレータで結ばれ駅利用者の利便性を向上させるとともに、六本木六丁目交差点での歩車分離を実現し、六本木から西麻布へ続く街並みの連続性を確保しています。
この66プラザは下のレベルが連結側道と敷地内車路の出入口、さらにその下に麻布トンネルがある三層構造になっています。道路工事と両側の建築工事を一体的に計画し同時に施工したことにより初めて実現出来たと言える、都市再開発事業ならではの手法です。
地区のメインストリートである「けやき坂通り」は、地区の東西を横断しテレビ朝日通りと環状3号線を接続しています。沿道にケヤキ並木を配し、両側敷地の壁面後退部分を含め実質幅員24mの街路空間として整備しました。道路整備と沿道建築物の整備を一体的に行うことによって、街路景観的にデザインされたゆとりある歩行者空間を実現しました。
また敷地内に自動車専用動線を整備し(森タワー1F/センターループ)、自動車専用動線に駐車場出入口や車寄せ、タクシーベイ、路線バスの停留所等を設け周辺道路への影響を減らしていると同時に歩車分離による安全確保を図りました。

  • 環状3号線・六本木六丁目交差点
    環状3号線・六本木六丁目交差点
  • 環状3号線・毛利庭園側
    環状3号線・毛利庭園側
  • 六本木駅及び周辺と地下連絡通路
    六本木駅及び周辺と地下連絡通路

施設計画

六本木ヒルズは、1986年に六本木六丁目地区が東京都から「再開発誘導地区」の指定を受けて以来、約400件の地権者と17年の歳月をかけて進めてきた民間による国内最大級の市街地再開発プロジェクトです。
区域面積約11.6haに、“文化都心”をコンセプトとして、オフィス・住宅・商業施設・文化施設・ホテル・シネマコンプレックス・放送センターなど「住む、働く、遊ぶ、憩う、学ぶ、創る」といった多様な機能が複合した街です。アートとインテリジェンスが融合したこの街は、「アーテリジェント・シティ」と呼ばれ、世界から人が集まり、異文化間の交流の中から、新しい文化や情報が発信される拠点となっています。
六本木ヒルズ施設紹介

建築・デザインコンセプト

「文化都心」に相応しい国際的なデザイナーを起用しています。

・コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツ ウィリアム・ペダーセン
・ジャーティ・パートナーシップ・インターナショナル ジョン・ジャーディ
・コンラン・アンド・パートナーズ リチャード・ドゥーン
・槙総合計画事務所 槙 文彦
・グラックマン・マイナー・アーキテクツ リチャード・グラックマン
・隈研吾建築都市設計事務所 隈 研吾
建築・デザインコンセプト 詳細

  • 建築・デザインコンセプト

開発経緯

当地区の再開発区域は約11ha。
立地としては北側に六本木通り、地区の北側から東側にかけて環状3号線、西側にはテレビ朝日通りと呼ばれる補助10号線、という幹線道路に挟まれた位置にあります。地区の中央には昭和33年(1958)に日本教育テレビとして放送を開始したテレビ朝日の敷地が約3ha広がっていました。地区西側のテレビ朝日通りや北側の六本木通り沿いには7階から9階建ての、昭和40年代に建てられた中小のビルが立ち並んでいました。
テレビ朝日の南側の住宅地は、昭和33年に日本住宅公団によって分譲された5棟、116戸の公団日ヶ窪住宅と木造を中心とした低層住宅地で構成されていました。この住宅地はテレビ朝日の地盤面が海抜31mなのに対して最大15mほど落ち込んだ窪地のような地形でした。住宅地内の道路は西から東への一方通行路となっており、テレビ朝日通りの1ヵ所の入口から入り、住宅地の中で細街路が広がり、出口は環状3号線に向かってまた1ヵ所で出て行きます。幅員3m前後の狭い道路で、消防車は入れず、救急車もやっと通り抜ける防災上の課題を抱えた地域でした。

事業経緯
1.地元への呼びかけ
2.再開発基本計画と事業推進基本計画へ
3.準備組合設立へ
4.準備組合活動
5.港区主催勉強会
6.再開発組合設立
7.権利変換計画認可
8.建築工事
9.完成へ

開発経緯年表
1986年11月 「再開発誘導地区」指定
1990年12月 「六本木六丁目地区再開発準備組合」発足
1995年4月 「都市計画決定」告示
1998年9月 「六本木六丁目地区市街地再開発組合」設立認可
2000年2月 「権利変換計画」認可
2000年4月 着工
2003年4月 竣工

新技術の導入

耐震構造

地震や災害時に逃げ出す街ではなく、「逃げ込める街」へ。六本木ヒルズでは災害に強い街づくりのために、様々な技術が採用しています。特に超高層の建築物に関しては、耐震性を高めるために、免震・制振などの技術を取り入れています。
耐震構造 詳細

1.粘性壁
六本木ヒルズレジデンスB棟・C棟には、粘性壁が採用されています。これは、箱状の鋼版の中に高い粘度を持つ粘性体を注入し、その中を独立した内部鋼版が動く際に生じる抵抗力で地震や風揺れを低減する仕組みです。各階の中央部に8基づつ設置されています。

2.オイルダンパー
オイルが移動するときの抵抗力で建物の揺れを吸収する仕組みのダンパー。装置に内蔵したセンサーが微小な揺れを感知して、素早くオイルの流れを制御する仕組みで、大地震時の揺れだけでなく、中小規模の地震や風による揺れも低減する働きがあります。森タワーでは、オイルダンパーを192台設置しており、卓越した耐震機能を誇ります。

3.グリーンマスダンパー
建物主体と積層ゴム(通常、免震構造に用いられるものと同じ)により絶縁された屋上緑化部分を大きく揺らす振り子の効果を利用することで、その層間に配されたダンパー(制震装置)が地震エネルギーを吸収することによって建物主体への負担を軽くするもの。六本木ヒルズけやき坂コンプレックスに採用しています。

4.CFT柱(Concrete Filled steel Tube)
建物の骨組みとなる柱において、鉄管の内部に高強度コンクリートを充填したものです。従来工法よりも耐力、変形能力に優れた柱で、森タワー、グランド ハイアット 東京、六本木ヒルズレジデンスB棟・C棟、ハリウッドビューティープラザで採用しています。

省エネルギー・省資源

地球温暖化への影響や開発地周辺の既存インフラ施設に対する影響を最小限に抑えるため、地域全体での環境性の向上や、省エネルギーシステムの導入に積極的に取り組みました。

1.コージェネレーション
六本木ヒルズでは大規模なガスタービンによる発電とその排熱を利用した地域冷暖房プラントを設置、省エネ性と環境性に優れた高効率システムを構築しました。
電気と熱の需要変動に応じて最適な発電が可能となり、商用電力を使用して個別空調を行った場合に比べて、約20%のエネルギー削減が可能となり、CO2やNOxの排出量も大幅に削減できます。森ビルは、東京ガスとの共同出資により六本木エネルギーサービス株式会社を設立し、電気と熱の供給事業を行っています。
コージェネレーション 詳細

2.中水道システム
六本木ヒルズ森タワーの地下5階に地区中水処理施設を設置しました。中水処理施設の中水製造能力は、約1,000m³/日におよび、トイレ洗浄水として使用しています。上水供給の節水効果は約30%になります。

3.雨水利用システム
六本木ヒルズでは地区全体で雨水貯留槽を13カ所設置し、そのほか道路雨水浸透施設、敷地内浸透施設により雨水流出抑制を図っております。

スーパーダブルデッキエレベーター

六本木ヒルズ森タワーに導入しています。森タワーの「スーパーダブルデッキエレベーター」では、2つのかごの連結部分に最大2m伸縮するパンタグラフを導入し、異なる階高に対応することが可能になりました。なお、この世界初のパンタグラフ構造は日本オーチス・エレベータと森ビルとの共同特許となっています。

特別な取組み

緑化

都市を高層化することで創出された足元空間を、街路や遊歩道、緑地や公園に当て、さらに建物の屋上も緑化することで、都市全体を庭園のような環境にしています。
六本木ヒルズの緑
森ビルの都市づくり:環境・緑

防災施設

1.都市基盤整備
開発前の地区内道路は狭く、急な部分があり、緊急車両の通行にも支障をきたす道路状況でした。幅員16m、延長約390mの六本木けやき坂通り、六本木さくら坂などの新設道路の設置や、環状3号線と六本木通りとの平面接続などにより利便性の向上を図りました。

2.特定電気事業施設
都市機能を維持する電力はなくてはならない要素であり、災害時の街の機能維持、復旧活動に必要不可欠です。六本木ヒルズでは、地域内に電力と熱源を供給するエネルギープラントを設置することで、供給の信頼性を高めています。発電施設は、常時都市ガスを燃料に発電するが、電力会社からのバックアップに加え、備蓄している灯油を燃料に発電することも可能なシステムとなっています。

3.消防水利の整備
地域内および周辺地域の災害時に寄与できるよう、100m³の消防水利を新設区道沿いの近傍に計8ヵ所を設置しています。また、開発以前よりあった毛利池を整備し、さらに消防ポンプ車が池に近接できる経路も確保しています。

4.非常災害用井戸の整備
震災発生時に上水道の供給が停止してから復旧するまでの間、生活機能を最低限維持できるように毛利庭園近傍に1ヵ所、六本木さくら坂に面して1ヵ所に非常災害用井戸を掘削しています。

  • 非常災害用井戸の操作盤
    非常災害用井戸の操作盤
  • 非常災害用井戸の排水口
    非常災害用井戸の排水口
  • 非常災害用井戸の操作訓練
    非常災害用井戸の操作訓練

5.災害時非常用トイレの整備
震災発生時に地域内に避難した人のトイレ利用のために、さくら坂公園(港区提供公園)内に2ヵ所簡易トイレの設置が可能なようにマンホール等を整備しています。このマンホールからの排水管に関しては、下水道管接続部と下水道本管も含め耐震構造となっています。

6.備蓄倉庫の整備
六本木ヒルズ森タワーの地下1階に約380m²の倉庫スペース、六本木さくら坂南側に約200m²の備蓄倉庫を整備しています。

7.エリア防災監視
六本木ヒルズには、3棟の超高層建物を中心に大型の建物だけでも11棟の建物が立ち並び、また、建物の地下階、低層階が街区ごとに連続し、ひとつの街を形成しています。さらに、東京メトロ日比谷線六本木駅、北側に隣接する六本木ヒルズノースタワーとは地下連絡通路で接続され周辺地域の施設とのつながりを持っています。この街全体で、災害時に情報を共有し安全を確保できるようエリア防災監視システムを構築しました。


  • 災害時非常用トイレのマンホール
  • エリア防災盤
    エリア防災盤

コミュニティ

都心部における地域内の交流や人と人のつながりの希薄化が懸念される一方で、エリアマネジメントやタウンマネジメントといった仕組みが注目を集める昨今、六本木ヒルズでも「街」としての広がりある活動を重視してまいりました。この街に集う様々な人々の横の連携を図り、周辺の町会とも連動しながら地域活動の中核として街づくりをさらに推進するものとして「六本木ヒルズ自治会」を発足させました。当自治会は、17年に及ぶ市街地再開発事業を主導してきた「六本木六丁目地区市街地再開発組合」の基盤を継承しながら、新たにこの街に暮らす住人や店舗、企業等を迎えて立ち上げたものです。
当自治会では、防災・防犯といった街ぐるみのセキュリティ強化に加えて、複合都市・六本木ヒルズならではの、国籍も職業も年齢も多様な人々が地域活動に積極的に参加できる、開かれたコミュニティを形成することを目的としています。

■自治会の活動目的
1.安全・安心活動
自治会の最大の目的である、「安全・安心の街づくり」。近隣町会とも連携し、震災時はもちろん、通常の生活においても「あたり前にできる安心な街」を目指し、防犯防災活動に取り組んでいます。
活動事例:六本木ヒルズの震災訓練、交通課題への取り組み等

2.コミュニティ活動
コミュニティ活動を通じて、六本木ヒルズ内で多くの知り合い(ネットワーク)をつくってほしいと考えています。
活動事例:六本木ヒルズの春祭り、六本木ヒルズの夏祭り、太極拳、ハロウィン、ヒルズガーデニングフラブ、いばらき市等

3.地域貢献活動
六本木ヒルズにとどまらず、「六本木エリアを活性化しよう」ということが自治会の一つのテーマでもあります。 積極的に六本木の街の繰り出し活動しています。
活動事例:六本木クリーンアップ、近隣地域での様々な役割

■六本木ヒルズの主な活動
1.六本木ヒルズ震災訓練
震災時における被害を少しでも軽減することを目的として開催された総合防災訓練です。ヒルズ内の震災井戸・防災用品・建物構造等が確認でき、応急手当等の体験訓練を行います。

2.六本木ヒルズの春祭り、夏祭り
六本木ヒルズ自治会が主催となる春と夏のお祭りです。春祭りは、桜の開花の時期にあわせて実施。毛利庭園の桜とさくら坂の若い並木がライトアップされ、毛利庭園にはヒルズ内の商業施設やテレビ朝日の屋台が出店します。夏祭りは、麻布十番祭り実施時に同時開催するイベントです。六本木ヒルズアリーナにやぐらを組み、ヒルズ内の商業施設やテレビ朝日の屋台が出店します。
これらのお祭りは、自治会が「つくり、参加し、楽しむ」地域コミュニティイベントとして継続しています。

3.六本木クリーンアップ
自治会の環境美化部会が中心になり毎月第三土曜日に活動を続けている六本木クリーンアップです。「六本木の街をきれいにしよう」との思いから始まったこの清掃ボランティアは、毎回100名ほどの参加者が集まり、六本木の街がきれいになるよう、熱心に、そして楽しく、清掃ボランティア活動を行っています。
参加者は、レジデンスの居住者を始め、ヒルズ内施設や商業店舗のスタッフの方、オフィスワーカーや清掃スタッフ、ハリウッド専門学校の生徒さんと、ヒルズの様々な施設から積極的に参加いただいており、その輪は近隣高校やロータリークラブ等ヒルズ外にも広がっています。

  • 震災訓練の様子
    震災訓練の様子
  • 六本木ヒルズ夏祭りの様子
    六本木ヒルズ夏祭りの様子
  • 非常災害用井戸の操作訓練
    六本木クリーンアップの様子

パブリックアート

六本木ヒルズを東京の文化の中心地にしようというアイデアの一環としてスタートした「六本木ヒルズパブリックアート&デザインプロジェクト」。
敷地内の各所に20人以上の世界的アーティストやデザイナーに特別に制作を依頼したもので、「文化都心」というテーマに相応しい大規模な計画が街全体に展開されています。アートとデザインの境界を越えた、美しく、機能的な作品が、創造的な文化都心の景観を形づくっています。
パブリックアート&デザイン

戻る

このページのTopへ