都市模型

都市を立体的に表現する都市模型は、都市の構成、位置関係や地形、建物のスケールなど都市全体を理解することに役立ち、専門家でなくとも都市のイメージを容易に描くことが可能です。また、複数人数が同時に様々な視点から都市を眺めることができます。

当社の都市模型は、地形の起伏、建造物や都市インフラの外観などを表現し、模型上にリアリティのある都市空間を再現しています。

テクスチャー模型

当社独自の手法により制作している再現性の高い都市模型です。これまで過去15年間で総面積約500m²のテクスチャー模型を制作しています。

特徴

  • ・テクスチャ画像を用いて一つひとつの建物、道路などを再現
  • ・精密で迫力がある
  • ・展示に適している

東京都市模型

※画像をドラッグ頂くと、360°自由にご覧いただけます(撮影:2015年)

都市・景観を俯瞰して捉えることを目的に、2001年より東京都心部を1/1000の縮尺で精密に再現した都市模型を製作しています。
この模型の総制作面積は258㎡、東京都23区のうち13区をカバーしており、年に2回の頻度で更新作業が行われています。絶えず変わり続ける東京の姿を映すこの模型は、具体的な計画の検討や関係者への理解促進に活用されるなど、実際の都市づくり、景観づくりにも寄与しています。

高い精度、密度の都市模型は展示物としても非常に見ごたえがあり、ロッテルダム、バルセロナ、ミラノ、サンパウロなどの世界各都市でも展示され、たびたびテレビや新聞等の媒体にも取り上げられています。

サイズ  
東西17.0m×南北24.65m(実寸:東西17.0km×南北24.65km)
制作面積 
258㎡
更新作業 
年2回
展示エリア
渋谷区・新宿区・豊島区・台東区・墨田区・品川区・港区・千代田区・中央区・江東区・目黒区・大田区・文京区・江戸川区・海の森周辺
制作期間 
14ヶ月
制作手法 
詳細は「独自の制作技術」をご覧ください
公開   
一般非公開

  • 拡大イメージ東京模型の制作範囲
  • 拡大イメージ東京模型:六本木ヒルズ
  • 拡大イメージ東京模型:新宿
  • 拡大イメージ名古屋都市模型:名古屋都市センターに展示

3Dプリンタ模型

最先端の3Dプリンティング技術により制作する単色模型です。
プロジェクターで様々な情報を直接投影し、立体スクリーンのように使用することが可能です。

特徴

  • ・映像やデータを直接投影し、立体スクリーンのような活用が可能
  • ・都市とデータを結びつけた表現が可能
  • ・ワークショップなどでの活用が可能
  • ・軽量で丈夫、持ち運びがしやすい
  • ・短期間、低予算での制作が可能
  • ・複数制作が可能
  • 拡大イメージ3Dプリンタ模型(縮尺:1/5000)
  • 拡大イメージ都市情報を投影し、立体スクリーンのように活用

模型縮尺について

訴求するテーマに応じた縮尺により、模型を制作します。

  • イメージ

3Dプリンタ模型の制作について詳細資料はこちら
お問い合わせ

このページのTopへ