都市模型

都市模型について

現在・未来の都市のイメージを共有するシミュレーション・プレゼンテーションツールの一つとして、当社独自の手法で作り上げた1/1,000スケールの詳細な都市模型です。

都市全体を鳥の視点で俯瞰することで、言葉では伝わりにくい都市の構成、街や建物のスケール、位置関係なども一目で容易に把握できます。

高い精度、密度の都市模型は展示物としても非常に見ごたえがあり、ロッテルダム、バルセロナ、ミラノ、サンパウロなどの世界各都市でも展示され、たびたびテレビや新聞等の媒体にも取り上げられています。

また、さらにVR(ヴァーチャルリアリティ)と組み合わせて活用することで、鳥の視点、人の視点を切り替えてより総合的に都市空間を捉える事が可能となります。(詳しくは「導入事例」をご覧ください)

特徴

当社では、地形の起伏や建造物の基本データ、外観等はもちろん、樹木や看板、道路標識に至るまで、言わば“都市のエレメント”の膨大なデータベースをストックしています。これらを活用することで、非常にリアリティのある都市空間を再現することができるため、再開発、施設計画の際に街全体のイメージを共有しながら、より具体的にプロジェクトを検討することが可能となります。(詳しくは「私たちの取組み」をご覧ください)

これまで過去15年間で総面積にして約460㎡の都市模型を作り上げ、制作を重ねる毎にそのノウハウを蓄積し、現在も技術の進歩、制作スケジュールの短縮およびコストダウンに繋げる努力に取り組んでいます。

都市模型の実績はこちらをご覧ください。

Q&A

Q都市模型を見学することはできますか?

通常は非公開の施設ですが、年に数回、街づくりに関する親子体験学習プログラム「ヒルズ街育プロジェクト」において、特別公開しています。

なお、制作ご依頼の検討用にご覧になりたいお客様につきましては、こちらからお問い合わせください。お問い合わせ

Q東京以外の都市模型の制作も可能ですか?

もちろん可能です。これまでも福井、名古屋、福岡など、全国各地の都市模型制作の受注実績がございますので、まずはこちらからお問い合わせください。お問い合わせ

Qどうやって制作しているのですか?

都市模型、VRの制作の流れをご覧ください。私たちの取組み

Q一番大きい模型はどれくらい大きいのですか?

縮尺1/1,000で制作した東京の都市模型が最も大きく、約17m×21m(面積:約250㎡)となります。

Q都市模型の貸出や取材・撮影は可能ですか?

お貸出につきましては、内容、条件等をお伺いした上で検討させていただきますので、こちらからお問い合わせください。お問い合わせ

なお、お貸出し可能となった場合、輸送・設置等にかかる費用はご負担いただきますことを予めご了承ください。

ご取材に関しては弊社広報室までお問い合わせください。

Q都市模型の制作を委託したい場合は?

ご希望のイメージ、仕様等をお伺いさせていただき、改めてお見積もりをご提示させていただきますので、こちらからお問い合わせください。お問い合わせ

Q制作期間はどれくらいですか?

仕様、範囲等で大きく異なり、あいにく一様にお答えすることが難しいため、制作をご検討されている内容がございましたら、こちらお問い合わせフォームからご連絡いただければお見積りをご提示させていただきます。

このページのTopへ