新虎通りCORE

新虎通りCORE
外観(イメージ)

東京の新たなシンボルストリートのCOREとなる事業

新虎通りCOREは、新虎通り沿道において推進されている街区の統合・再編を実現する第1号プロジェクトとして誕生する、オフィスおよび店舗・イベントスペースからなる複合施設です。新虎通りの中心、日比谷通りとの交差点に位置する当施設は、地上15階、延床面積約17,500㎡で、総貸室面積約1万㎡の最新スペックのオフィス(4~14階)のほか、3階には600㎡超のインキュベーションオフィスを整備。
1、2階には賑わいや交流の場となる商業施設を設け、広い歩道を有する新虎通りに面する区画には、通りと連動したイベントも開催可能なイベントスペースを開設します。
データシート

コンセプト・開発経緯

細分化した敷地を統合。シンボルストリートにふさわしい街並みづくりに貢献
新虎通りCOREは、合理的なオフィスビルを追求した森ビルの賃貸ビル「通称:ナンバービル」のひとつであった新橋29森ビル(1975年竣工)の再開発でもあります。新虎通り沿道では、細分化した敷地を統合した賑わいと統一感のある街並みづくりが推進されており、当計画では、道路を挟んで隣接する2つの街区を一体的に開発し、街区を統合・再編する第1号プロジェクトとして、東京の新たなシンボルストリートとなる新虎通りの沿道開発を牽引します。

  • イメージ
    左)開発前、右)開発後

インキュベーションオフィスと賑わい・情報発信の拠点を整備

3階には約60㎡~180㎡のインキュベーションオフィスを設け、創業期の企業やジャパンエントリー企業などを支援するべく、小規模なオフィス区画のほか、共用ラウンジと共用会議室を整備します。さらに、1、2階には賑わいや交流の場となる商業施設を設けるほか、1階の新虎通りに面する区画にはイベントスペースを設け、新虎通りの賑わいづくりや情報発信の拠点とします。

  • イメージ
    インキュベーションオフィス
  • イメージ
    オフィスエントランス(イメージ)

データシート

所在地 港区新橋四丁目1番 他
敷地面積 1,524m²
延床面積 17,434m²
用途 事務所、店舗、駐車場
階数 地上15階/地下1階、塔屋1階
着工 2016年7月
竣工 2018年9月
構造 S造(一部SRC造)
事業者 森ビル(株)、大林新星和不動産(株)
施工・設計 (株)大林組

このページのTopへ