表参道ヒルズ

表参道ヒルズ

メディア・シップ:人と人、人と街、街と世界をつなぐ媒体

表参道のランドマークとして長く親しまれてきた旧同潤会青山アパート。その場所を再開発することは、決して容易ではない試みでした。歴史ある表参道の景観と環境との調和を第一に考え、建物の高さを表参道のケヤキ並木と同じ程度に抑え、本館中央の6層の吹抜け空間には、表参道の街並みと同じ傾斜のスロープを持つ「第2の表参道」を創出し、商業施設をレイアウトしました。表参道ヒルズは、日本のファッション、文化の中心としてトレンドを発信し続けてきた表参道の新たな核となる、世界に類をみない「文化商業施設」です。
オフィシャルサイト
コンセプト・開発経緯 データシート・アクセス

レジデンス

表参道ヒルズ ゼルコバテラス

  • 表参道ヒルズゼルコバテラス

いまや表参道を代表するランドマークとなった「表参道ヒルズ」。その日当たりの良い施設上層部に配置された住宅は、全室が街の象徴であるケヤキ並木を一望できる特等席です。建築家安藤忠雄のデザインによる住宅は、木漏れ日、そよぐ風、街の音を受け入れ様々な表情を見せてくれます。
シンプルなデザインだからこそ、街の気配を味わう個性的なライフスタイルが可能になります。
賃貸住宅物件をお探しの方

商業施設

  • 商業施設

表参道ヒルズの商業エリアは、西館(地下2階〜地上2階)、本館(地下3階〜地上3階)、同潤館(地上1階〜3階)の3つの建物からなり、本館地下4階にはお客様駐車場を完備しています。
ファッション感度の高い大人の男女のニーズを満足させるブランドの充実を図ると共に、表参道ヒルズならではの上質で個性的、そしてオンオフの境目のないファッションスタイル「Omotesando Hills Mode」を提案していきます。また、2009年9月にはキッズ向けサービスの拡充を目的として、キッズエリア「キッズの森」を導入しました。
オフィシャルサイト

データシート

所在地 東京都渋谷区神宮前4-12他
敷地面積 6,051m²
延床面積 34,061.72m²
用途 店舗、住宅、他
階数 地上6階/地下6階
着工 2003年8月
竣工 2006年1月(グランドオープン 2006年2月)
構造 SRC造(一部RC・S)
設計 安藤忠雄建築研究所、
森ビル設計共同体((株)入江三宅設計事務所)
アクセス
電車 ・東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」A2出口徒歩2分
・東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前〈原宿〉駅」5出口徒歩3分
・JR山手線「原宿駅」表参道口徒歩7分

このページのTopへ