元麻布ヒルズ:コンセプト・開発経緯

戻る

コンセプト

元麻布ヒルズは敷地の約半分が緑で覆われています。この緑豊かなオープンスペース「四季の丘」は、心地よいコミュニティーづくりのための憩いの場としてご利用いただけます。メインゲートを構える一本松坂は、季節によって様々な表情をみせる桜並木へと生まれ変わります。フォレストタワーの屋上は、居住者の方々だけがご利用になれる地上96mのルーフガーデンに。都心でありながら、身近に自然を感じられる空間がここにあります。
東京都心部を代表する高級住宅地・元麻布の大規模住宅プロジェクト。コンセプトは「森の都市」。大きな樹木のようなフォレストタワー(高層棟)を中心に低層棟(2棟)を配し、敷地の約半分を緑に戻すとともに建物の屋上やバルコニーも積極的に緑化。森ビルが提案する、都市と自然の共生のモデルケースになりました。スパや屋上ルーフガーデン、スカイラウンジなどの付帯施設、24時間バイリンガル対応のコンシェルジュサービスは、居住者の方々の快適な都心生活をサポートします。敷地内には西町インターナショナルスクールの幼稚園もあります。
森ビルは「都市の中に森があるのではなく、都市そのものが森でなければならない」と考えました。その象徴となるフォレストタワーは、樹木をイメージしたシンボリックな形態に。上空に広がるその形は樹木や幹や枝を表し、屋上やバルコニーの木々が大樹の葉を表現しています。

開発経緯

2002年に完成した元麻布ヒルズは、1983年に計画地内の土地を森ビルが善福寺より譲り受けたことに端を発し、竣工まで実に20年の歳月をかけた、地区内地権者約60名による共同事業です。森ビルはアークヒルズ以降の複合再開発(ヒルズシリーズ)の中で、都心居住を大きなテーマとして捉えて計画してきましたが、当計画は都心の閑静な高級住宅街と知られる元麻布地区という立地を踏まえ、森ビルとして初めて住宅を主用途とした大規模再開発です。
周辺には多くの寺社、大使館や貴重な緑が残っており、このような優れた住環境を持続させるとともに、現代における高級とは何かを考えながら都市の魅力を回復させる都心居住のあり方を模索しました。麻布という「場」を勘案した都市未来像の提案を目指し、故内井昭蔵先生監修のもと「森の都市」というコンセプトで計画した。これは都市の中に森をつくるのではなく、都市そのものを森として捉えるという発想です。

戻る

このページのTopへ