平河町森タワー

平河町森タワー

日本の中枢機能に至近する複合再開発

日本の中枢機能に至近の地であり、周辺には皇居や官公庁、国会議事堂、最高裁判所や国立劇場等の国を代表する施設や各種団体の会館、国際ホテル等が数多く立地しています。敷地内に広場等を整備するとともに、最高水準のオフィススペース、良質な住宅を供給することで職住近接の複合施設を整備しています。
コンセプト・開発経緯 データシート・アクセス

オフィス

  • 平河町森タワー

オフィスは1フロア約1,570m²、整形・無柱の開放感ある執務空間で、現代の多様なニーズに応える先進のオフィススペックを装備しています。
木目を基調とした共用部のインテリアデザインおよび、ロビーにアート(森美術館監修)を設置するなど、本社機能にふさわしい品格を備えるオフィスとレジデンスの断面構成図ともに、オフィスワーカーの知的生産性向上を追求しました。
また、執務空間には、エコマーク認定カーペットを標準採用し、テナント退去時に発生する使用済みカーペットを再資源化するという、100%リサイクルシステムを実現しています。
オフィスをお探しの方

レジデンス

平河町森タワーレジデンス

  • 平河町森タワーレジデンス

上層階に位置するレジデンスは、1LDK~5LDK(75m²~427m²)と、単身者からファミリー層まで様々な用途や目的に対応する、フレキシビリティの高いプランをご用意しました。
屋上庭園からは手の届きそうな距離に皇居の緑が広がり、目を転じると赤坂、六本木、新宿副都心を経て遥か富士山まで、首都東京を一望におさめることができます。立地や眺望、充実した付帯施設など、希少性の高さとともに、グローバルプレーヤーのニーズに応えた新しい都心ライフスタイルを提案します。
賃貸住宅物件をお探しの方
分譲住宅をお探しの方

データシート

所在地 東京都千代田区平河町2丁目
敷地面積 5,592m²
延床面積 51,762m²
用途 事務所(2~13階)、住宅(14~23階、122戸)、店舗(1階)
階数 地上24階/地下2階
着工 2007年8月
竣工 2009年12月
構造 S造、SRC造、RC造
設計 大成建設(株)
アクセス
電車 ・地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」4番出口徒歩約1分
・地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」7番出口徒歩約6分

このページのTopへ