都市のヴィジョン:Vertical Garden City

半世紀にわたる試行錯誤を経て、私たちがたどり着いた理想の都市モデルは、緑に覆われた超高層都市。
「Vertical Garden City - 立体緑園都市」です。
これは、無秩序に広がった巨大都市の中心部をスーパーブロックで再生していく都市モデルです。都心の空と地下を有効に活用し、そこに職、住、遊、商、学、憩、文化、交流などの多彩な都市機能を立体的重層的に組み込むことによって、徒歩で暮らせるコンパクトシティを実現しようというものです。

土地を増やすことはできませんが、建物を超高層化し、地下も活用していけば、空間は増やせます。そこに都市機能を縦に集約すれば、移動時間は減り、自由に使える時間が倍増します。人生の選択肢や日々のゆとりも増えるでしょう。徒歩で暮らせる街は、子供や高齢者も暮らしやすく働きやすいはず。このほうが知識情報社会、少子高齢化社会に合っていると思いませんか。
空と地下を活用することによって、地上は緑と人に開放できます。公園や広場、森はもちろん、川や池、ゴルフのショートコース、フットサルのコート、都会の小牧場だってできるかもしれません。

こんな都市が実現したらわくわくしませんか。街づくりと一緒に、鉄道、道路などのインフラもつくりかえて耐震化し、建物の間隔も広くとれば、災害に強い都市構造になります。都市の中心部をこのような形で立体活用すれば、周辺部や郊外の自然も残すことができるのです。

  • 立体緑園都市構想(50周年広告)

  • Vertical Garden Cityの段階的な開発イメージ
  • Vertical Garden Cityの段階的な開発イメージ

地上3階くらいに人工地盤を設け、建物と建物をつないでいけば、人や自転車、車椅子、ベビーカーも安全かつ快適に移動できます。
「空に希望を。地上に緑を。地下に喜びを」
空、地上、地下、それぞれの特性を活かせば、環境共生型の全く新しい都市ができるのです。

「こんなことは夢物語だ」と思いますか。確かに、都市を変えることはひとりの力や一企業の努力ではできません。グランドデザインを描き、コンセンサスを得て進めなければなりません。現行の法制度ではできないことがあることも事実です。

しかし、「そうしよう、それのほうがいい」と多くの人が思えば、実現不可能なことではありません。日本には技術も知恵も経験もあります。「グローバル化」「知識情報社会」「少子高齢化」といった社会変化も、都市構造の転換を求めています。私たちはひとつでも多くの実例を創り出すことで、人々のコンセンサスを得て、都市再生への突破口を開き、この思想を国内外に広めていきたいと考えています。

このページのTopへ