映像

メディア企画部では、都市や空間、開発プロジェクト等を効果的・視覚的に表現する方法として実写からCGを活用した映像等を企画・制作しています。

シティツアー(都市紹介映像)

実際の都市空間が3Dとなった Google Earth上に、各都市の主要エリアや交通インフラ、開発プロジェクトなどを表現し、上空からヘリコプターのツアーのように巡り紹介する映像です。

都市空間を俯瞰しながら、その上に新たなプロジェクトの3D等を重ね、近未来の都市の姿を表現できるため、都市模型とVRの両方の利点を活かした活用が可能となっています。

特徴

1.地球全体の俯瞰から地上数百m程度までスケールを自在に変えながら視点やルートの設定ができるため、交通インフラや大規模エリア等の都市スケールからビル1棟のプロジェクトまでを網羅してプレゼンテーションできます。

2.Google Earthには元々シンプルなポリゴンによる3D描画機能が備わっていますが、メディア企画部では独自に精緻なCGを作成してGoogle Earth上に設置することも可能です。これによって、将来のイメージをよりリアルにシミュレーション、プレゼンテーションできます。

  • 拡大イメージポリゴンによる3D描画
  • 拡大イメージ精微なCGによる描画

3.地図を元に他のソフトで作成したレイヤーデータもGoogle Earth上に統合できるため、個別に作成、管理していた地図関連の情報を統一したプラットホーム上で取り扱うことで業務効率性があがります。また、2次元のペーパー資料よりも3D化することで圧倒的にダイナミックなプレゼンテーションとなります。

4.映像上の演出、アニメーション効果はもちろん、BGMもつけることも可能ですので、プロモーション映像のパッケージとして活用いただけます。

活用イメージ

シティプロモーション

各都市の主要拠点の位置関係や将来プロジェクトを表現し、都市の大まかな構造を説明するのに非常に適しています。他都市や海外からの視察対応の際のプレゼンテーションにも有効です。

プロジェクトの景観シミュレーション

将来の計画プロジェクトを実際の都市空間に3Dで配置できるので、周囲からの景観シミュレーションや高層階からのビューなどを検証、共有できます。

プロジェクトプロモーション映像

開発プロジェクトを進めるうえで、プロジェクトの理解・関心を高めるためのプロモーション活動はとても重要です。その中でも、プロモーション映像は、より多くの人に開発プロジェクトを知ってもらう有効なツールです。メディア企画部では、開発の段階で制作したVRコンテンツやCGデータをベースにテーマに合わせた映像コンテンツを制作しています。

アニメーションを活用した映像

日本独特のアニメーションのテイストを取り入れた映像を制作しています。3DCGだけでは、伝わりにくい人々のライフスタイルのイメージを表現したり、言葉だけでは理解しづらい説明映像にアニメーションを使用することで、視覚的に受け入れられやすい映像に仕上げています。

詳細は実績一覧をご覧ください。

このページのTopへ