空間・展示

都市模型やVR等のソフトコンテンツを活かした総合的なコミュニケーションツールとして、独自の空間・展示を提案します。これまで、都市づくりに関するスタディや情報発信の拠点となる「アーバンラボ」、六本木ヒルズオープニング展覧会「世界都市展」、さらには現代メディアアートの祭典である「文化庁メディア芸術祭香港展 2012」の展示空間など複数の実績があり、用途、目的に応じた空間全体の企画・提案を行います。

街づくりの情報発信拠点

新しい街づくりや開発事業の推進を目的として、街づくりに関する様々な情報を共有し地域の人々と対話する場を創出します。

  • 拡大イメージ 銀座アーバンラボ(2005)
  • 拡大イメージ 横浜アーバンラボ(2006)

詳細は実績一覧をご覧ください。

都市に関する展覧会

都市に関する展覧会や展示ブースなど、模型やデジタルコンテンツを活用した魅力的な空間を創出します。

  • 拡大イメージ 世界都市展(2003)
  • 拡大イメージ 表参道2006展(2006)
  • 拡大イメージ MIPIM 2014 東京パビリオン(2014)
  • 拡大イメージ 不動産ソリューションフェア 森ビルブース(2014)

詳細は実績一覧をご覧ください。

文化コンテンツを活用した空間展示

幅広いネットワークを活かし、アート、マンガ、アニメーションなどの文化コンテンツを活用した展示も行います。

  • 拡大イメージ 文化庁メディア芸術祭香港展(2012)
  • 拡大イメージ 「上海におけるコンテンツx 地域情報発信事業—地域への富裕層インバウンド促進」(2012)

詳細は実績一覧をご覧ください。

模型出展・貸出

東京の魅力を国内外に発信する展覧会やイベントへの出展・貸出などを行っています。

  • 拡大イメージ IOC評価委員による現地視察(2009)
  • 拡大イメージ TOKYO DESIGN PREMIO Tokyo
    Designer’s Week in MILANO(2007)

詳細は実績一覧をご覧ください。

Q&A

Q展覧会の企画からお願いすることも可能でしょうか?

もちろん可能です。これまでの実績においても、私どものコミュニケーションツール等を活用し、どのような空間設計・展示が可能かを企画、ご提案させていただいておりますので、まずはこちらからお問い合わせいただければと思います。
空間展示の実績お問い合わせ

Q実施設計、設営の完了までお願いすることも可能でしょうか?

もちろんです。企画から設営の完了まで一括して管理、対応致しますので、安心してお任せください。

このページのTopへ