福井市中心市街地の都市模型・VR制作

  • 都市模型
  • VR

福井市の中心市街地である福井駅西口の再開発にともない、都市模型とVRを制作しました。

福井市のまちづくりセンター「ふく+(たす)」では当社が制作した中心市街地の都市模型(縮尺1/500)の展示とともにVRも操作でき、未来の福井駅周辺の街づくりを検討、体感することができます。

再開発の検討の進捗に合わせ、常に最新のプランを表現してきた福井市のVRでは、駅前広場の開発による変化を、賑わいや、時間、季節の移り変わりに合わせて体感できます。

さらに周辺エリアを活性化させるために、どのように建物、樹木等を配置すればよいかなど、その場でデザインシミュレーションを行えることが大きな特徴です。

この「ふく+」は街づくりに関するライブラリー、イベントスペース、コワーキングスペースとしても地域に開放され、人々が集う情報発信拠点となっています。

地域の人々が街づくりにより深く関心を持ち、関わっていくことに当社のコミュニケーションツールが貢献できることは本来目指すところであり、大変意義深く考えています。

  • 拡大イメージ 再開発前
  • 拡大イメージ 再開発後
  • 動画へのリンク 福井市中心市街地VR
  • 拡大イメージ 都市模型を元に街づくりを議論

このページのTopへ