展示会ブースの企画・運営「国際不動産見本市 MIPIM 2017」

  • 都市模型
  • 空間・展示

都市を可視化する様々なツールは、国際的な展示会においても有効に活用されています。2017年3月にフランスのカンヌで開催されたMIPM(※)では、国土交通省からの委託を受け、事務局としてブースの企画・運営を行いました。

※ 「MIPIM(Marché International des Professionnels de l'Immobilier)」とは、1990年から毎年開催されている(今回が28回目)仏国のリード・ミデム社主催の世界最大級の不動産見本市。

海外からの企業立地や投資への関心を喚起するためのシティセールス等を目的とする本出展では、海外の投資家・ディベロッパー・設計会社・自治体等の来場者との間の都市開発や不動産投資に関する意見交換の機会創出を目指し、2020年とその先の日本の未来への期待を感じさせるテーマ「Investing in Tomorrow, Today. ~Japan, 2020 and Beyond~」をキーワードとして設定し、ブースを企画しました。

大型ディスプレイを使用した参加企業によるプレゼンテーションや、観光、シティプロモーションに関する映像放映等、賑わいのあるジャパンブースには多くの方が来訪し、日本らしさを感じられるノベルティグッズも好評を博しました。

このページのTopへ