都市づくりのコミュニケーションツール

都市づくりのコミュニケーションツール

都市づくりの開発・営業支援に向け、森ビルで独自に開発している都市模型やVR(ヴァーチャルリアリティ)などのコミュニケーションツールをご紹介します。

都市づくりのコミュニケーションツール

都市づくりのコミュニケーションツールとは

行政と民間、地元が協働し都市づくりに取組むには、自分たちの街、未来がどのように変わるのかを具体的にイメージし、合意形成することが非常に重要です。
そこで、写真や図面、イラストといった2次元の情報だけではイメージがつかみづらい都市のイメージを共有するため、森ビルは独自の都市模型やVRなどのコミュニケーションツールを開発しています。実際の都市空間を忠実に再現し、実在するものと仮想現実がともに高いレベルのリアリティをもって把握できることが特徴です。

都市模型

現在・未来の都市のイメージを共有するシミュレーション・プレゼンテーションツールの一つとして、当社独自の手法で作り上げた1/1,000スケールの詳細な都市模型です。都市全体を鳥の視点で俯瞰することで、言葉では伝わりにくい都市の構成、街や建物のスケール、位置関係なども一目で容易に把握できます。
また、VR(ヴァーチャルリアリティ)と組み合わせて活用することで、鳥の視点、人の視点を切り替えてより総合的に都市空間を捉える事が可能となります。
都市模型について

VR(ヴァーチャルリアリティ)

都市模型が鳥の視線でのツールだとすれば、VRはまさに人の視点で実際にどう見えるかをシミュレーションするツールとして非常に有効です。
VRは2次元のCGパースや動きの決まったムービーとは異なり、3次元空間の中で好きな場所に移動し、視点を自由に動かすことができるため、リアルタイムで都市や街並みをシミュレーションすることができます。都市模型を制作する過程で作成されるテクスチャーデータ等をVR制作にも活用し、非常にリアリティの高い仮想現実空間を実現しています。
外観や内観だけでなく、その場で什器や植栽のレイアウト、日当たり等もシミュレーション可能です。
VR(ヴァーチャルリアリティ)について

このページのTopへ