3つのテーマ

  • 3つのテーマ

私たち森ビルが目指す都市「Vertical Garden City - 立体緑園都市」づくりを達成するために、重視するテーマが3つあります。私たちはどの開発においても企画から管理運営まで、それぞれの段階で3つのテーマを満たしているか、詳細に検証します。

  • 1)安全・安心
  • 2)環境・緑
  • 3)文化・芸術

  • 安全・安心

「安全・安心」は、地震や台風などの災害多発国である日本の最重要かつ喫緊なテーマです。首都・東京を襲う直下型地震の発生確率も高まっています。私たちの命と財産を守るうえでも、世界から人、モノ、金、知恵、情報を集めるうえでも「災害に強い都市への再生」は欠かせません。
都市防災に対する発想も、「逃げ出す街」から「逃げ込める街」へ転換すべきです。都市のグランドデザインを描き、それにそって順次再開発などを進め、老朽化した都市基盤や細街路を整理しながら、世界トップクラスの耐震技術を使って創り替えていけば、災害時の防災拠点ともなります。
私たちは「災害時に逃げ込める街」への転換を提言し、実行しています。

  • 環境と緑

「環境・緑」は、これからの都市づくりに欠かせない世界的なテーマです。「開発が都市や郊外の自然を破壊する」と言われますが、私たちの開発手法は逆です。
土地をまとめ、容積率を高めながら建ぺい率を低く抑えることによって、都市に小自然を甦らせます。建ぺい率を抑えることで、広く空いた地表に広場や庭園、水系や緑道を甦らせ、屋上や壁面までも緑化して、緑に覆われた街「立体的な緑園都市」を実現します。
このように都心を有効活用して都市機能や人口を集中させれば、郊外の自然も保存・再生できます。こうしたメリハリのある都市構造にしていくことで、全体としての地球環境負荷を低減できるでしょう。

  • 文化・芸術

「文化・芸術」は心の糧であり、都市の地場、磁力となるものです。今後の日本経済をリードする知識情報産業の原動力は、ひとりひとりのクリエイティビティです。気づき、ひらめき、交流、協働、新結合…、クリエイティブな創造活動には、気軽に一流の文化や芸術に接することができる「環境」や、異なる価値観や背景を持つ旬な人々が交流し、協働する「場」と「時間」が必要です。そうした「環境、場、時間」を備えた都市が世界の人々を惹き付け、世界都市となります。経済と文化の両立と融合を目指して、私たちの都市づくりは文化・芸術を育む舞台と仕組みを組み込んでいます。

このページのTopへ