ニュースリリース

2017年03月08日

戻る

2017年03月08日
森ビル株式会社

【森美術館】ASEAN設立50周年記念
「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」

国立新美術館と森美術館の2館で同時開催する初の展覧会

国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターは、2017年7月5日(水)から10月23日(月)まで、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催します。ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年にあたる2017年、東南アジアの現代美術を紹介する、史上最大規模の意欲的な展覧会です。
本展は、同じ六本木エリアにある国立新美術館、森美術館両館長が発案し、国際交流基金の賛同により実現したもので、3者が総力を挙げ、14名のキュレトリアル・チームによる2年半にわたる現地調査を経てASEAN10カ国より85組(予定)のアーティストを選定、計約180点の作品を2館の会場に展示する、初の共同企画展となります。

人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。
経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。「天気雨」を意味するタイトル「サンシャワー」は、晴れていながら雨が降るという気象で熱帯気候の東南アジア地域では、頻繁に見られます。一方、この地域の歴史を振り返ると、第二次世界大戦後の脱植民地主義のもと、冷戦下の戦争、内戦などの困難を経て民主化や国際化を迎え、近年では経済発展や都市開発が急速に進み、大きな変化を遂げています。「サンシャワー」とはこのような紆余曲折の歴史を経てきた東南アジア地域を表わす詩的なメタファーでもあります。

本展は、時代の潮流と変動を背景とした東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を9つの視点から掘り下げ、そのダイナミズムと多様性を紹介します。

詳細はPDFデータをご覧下さい(667KB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 森美術館 広報

TEL 03-6406-6111
FAX  03-6406-9351

このページのTopへ