ニュースリリース

2009年04月27日

戻る

2009年04月27日
森ビル株式会社

森ビル オフィスライフに関する意識調査:社内交流を重視する20代オフィスワーカー

女性の高い意識も明らかに

森ビル株式会社は、当社が運営・管理するオフィスビルで働くオフィスワーカー限定の情報配信ツール「OFFICE LIFE NEWS」(メールマガジン)の会員に対し,「オフィスライフに関する意識調査」を実施したところ、社内におけるインフォーマルコミュニケーション※について、以下のような意識が明らかとなりました。
※インフォーマルコミュニケーションとは、スポーツ大会、社員旅行、飲み会、サークル活動、ボランティア活動など、仕事以外でのちょっとしたコミュニケーションを指します。

【 オフィスライフに関する意識調査 】
※社内におけるインフォーマルコミュニケーションについて
(1)若い年代ほど重要度が高く、特に20代では85%が重要と回答
(2)重視する最大の理由は「新たな情報が得られるから」、次いで「職場の雰囲気がよくなるから」
(3)20代の3人に2人(約70%)が今後の機会増加を望む
(4)情報配信ツールを積極的に活用し、オフィスライフの充実度も高い「女性」
※調査結果詳細はPDFデータご参照

<調査概要>
有効回答数:731人(対象入居ビル:六本木ヒルズ森タワー、六本木ヒルズノースタワー、六本木ヒルズけやき坂テラス、アーク森ビル、愛宕グリーンヒルズMORIタワー)
回答者性別属性:男性32%、女性68%
回答者年代属性:20代191人(約26%)、30代388人(約53%)、40代135人(約18%)、50代以上17人(約2%)
調査時期:2008年11月~12月
調査方法:インターネット調査

詳細はPDFデータをご覧下さい(488KB)

本件に対するお問合せ先

森ビル株式会社 広報室 野村・鏡

住所 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー私書箱1号
TEL 03-6406-6606
FAX  03-6406-9306
E-mail koho@mori.co.jp

このページのTopへ