歴史・沿革

歴史

森ビルの歩みは、今の感覚から言えば比較的小さな、1棟のビル建設からはじまりました。
やがてビル単独の「点的開発」は、複数の街路や街区を合わせた「面的開発」へ、そして「都市づくり」へと進みます。人間の未来を育む都市。その未来をつくるために。従来の価値観や基準にとらわれないで発想し、提案し、対話し、意見を聴き、まとめ、実現へ結びつけていきます。
森ビルが大切にしてきたことは、これから先も変わることはありません。

1955 森不動産の誕生

  • 1955 森不動産の誕生

「ゆくゆくは焼け跡にビルを建てるつもりだ」。創業者 森泰吉郎は、戦争で荒廃した東京の街を見てそう語りました。森泰吉郎は、1955年に森ビルの前身、森不動産を設立。2年のうちに虎ノ門の交差点近くに西新橋1森ビルと西新橋2森ビルを完成させます。この2棟のビルから、森ビルの歩みは始まりました。はじめに完成した西新橋2森ビルには、フランスの香水メーカー、インドの通信社、米国オレゴン州小麦生産者連盟などが入居。国際的に評価される品質を提供することで外国企業を多くテナントに迎える、という森ビルのオフィス事業の特色も、この賃貸ビル第1号から始まっていました。関係権利者に参加を呼びかけ、じっくりと対話していくという当時からの森ビルの開発手法は、現在も変わらず生き続けています。

1960~ ナンバービル時代

  • 1960~ ナンバービル時代

森ビルは1950年代後半から本格的な賃貸オフィス事業に進出します。地元である新橋・虎ノ門地区に集中的にオフィスビルを建設し、戦後焼け野原となった街に耐火建築の建物を増やしながら、ビジネス街として地域全体の価値を高め、活性化することに努めてきました。初期のオフィスビルにはすべて数字が冠され、通称「ナンバービル」と呼ばれています。1960年に竣工した西新橋3森ビルは空調入り賃貸ビルのはしりであるだけでなく、テナントが使用できる有効面積の比率も高く、画期的な建物として業界の話題を呼びました。1960年代には高度経済成長にともないオフィス需要が増加。これに応えるかたちで森ビルの事業も拡大し、ビル単独の「点的開発」から、複数の街区や街路を含めた「面的開発」へと移行していきました。

1978 ラフォーレ原宿

  • 1978 ラフォーレ原宿

1978年、ラフォーレ原宿をオープン。若者たちが集まるファッショナブルな街へと変貌しつつあった原宿は、このランドマークの出現によって一躍ファッショントレンドの発信地としての地位を確立します。ファッションに特化したリテールスペースとイベントスペース「ラフォーレミュージアム」の2つの軸により、新進気鋭のアパレルブランド、クリエイター、アーティスト、起業家を世に送り出し続け、ユニークなイベントプロデュースやインパクトのある広告活動などでも常に話題をさらってきました。毎年1月と7月の「グランバザール」初日、歩道橋を乗り越えて原宿駅近くまで伸びる若者の長い列は、今では原宿の風物詩にもなっています。表参道ヒルズの誕生で一段とファッションとトレンドの感度を高めた原宿・表参道エリア。そのひとつの顔として30年目に突入したラフォーレ原宿、その影響力は現在も衰えることを知りません。

1986 アークヒルズ

  • 1986 アークヒルズ

2006年に20周年を迎えたアークヒルズは、オフィス、住宅、ホテル、コンサートホールなどからなる、民間による日本初の大規模再開発事業。17年の歳月をかけ、職住近接、都市と自然の共生、文化の発信を具現化した「ヒルズ」の原点です。完成当時、日本のインテリジェンスビルの先駆けでもあったオフィス棟に、進出を始めたばかりの外資系金融機関が多く入居し、東京を代表する国際金融センターの顔となりました。オフィス棟は2005年の大規模リニューアルを経て現在も高稼働を維持。またアークヒルズのシンボルでもある桜並木や、7つのガーデンは、20年の歳月を経て「都市の生態系」を育み続け、都心に季節のある風景をもたらしています。ヒートアイランド現象の緩和や都市緑化を通じたコミュニティ活動による地域貢献が評価され、2006年には国際的環境賞「ENERGY GLOBE AWARD」を受賞しました。

2003 六本木ヒルズ

  • 2003 六本木ヒルズ

経済的な視点に偏りがちだった従来の都市再開発に対する価値観を一新し、過去からだけではなく未来からも学ぶ。真の人間の豊かさや、文化や、対話や、次の時代へのヴィジョンが生まれる都市づくりをする。森ビルの21世紀の都市づくりへの思いを結実させたのが、この六本木ヒルズ。東京に新しい「文化都心」を生み出す、国内最大規模の都市再開発です。メインタワーの森タワー最上層に、美術館、展望台、会員制クラブ、アカデミー・フォーラム施設からなる複合文化施設「森アーツセンター」を配したことがこの街の大きなメッセージになっています。多彩な都市機能だけでなく、日々、新たな発見や刺激を提供するイベントなどにより、2003年のオープン以来、国内外から毎年4,000万人を超える人々が訪れ続ける六本木ヒルズ。街は成熟を重ね、その磁力はさらに増していきます。

2006 表参道ヒルズ

  • 2006 表参道ヒルズ

昭和初期の文化的都市生活のシンボルだった旧同潤会青山アパート。70年以上も表参道の顔であり続けた場所を再開発することは、森ビルにとっても決して容易ではない試みでした。森ビルと設計を担当した建築家の安藤忠雄氏が街の人々と一緒になって発想したことは、表参道のランドスケープへの敬意。建物の高さを表参道のケヤキ並木と同じ程度に抑え、屋上も積極的に緑化。地下3階から地上3階までの6層分の吹抜け空間には、表参道の街並みと同じ傾斜のスロープを持つ「第2の表参道」を創出し、商業施設をレイアウトしました。世界中から最新のファッションやライフスタイルが集い、様々な情報や刺激を発信する感度の高い場所として。歴史ある街の記憶を継承しながら、常に新しい時代の息吹を送りこみ続ける表参道ヒルズです。

2008 上海環球金融中心

  • 2008 上海環球金融中心

森ビルの都市づくりが国境を越えます。アジアを代表する国際金融都市となった中国・上海。その中でも発展が著しい上海浦東新区・陸家嘴金融貿易区に誕生した上海環球金融中心。これまでの森ビルグループの都市づくりのノウハウを注ぎ込んだプロジェクトです。地上101階、高さ492mの「垂直の複合都市」。世界最高水準の国際金融センター機能を中心に、世界一の高さとなる展望台、世界中から人々が集う商業施設やカンファレンス施設、最高級ホテルなどを擁し、上海におけるビジネス、文化、エンターテインメントの一大拠点となることを目指します。建物の最上層部、天空に大きく開けられた窓は、新しい中国と新しいアジアの世界への窓。アジアの時代の新しいランドマークが誕生しました。

沿革

会社沿革
1955年 8月 森不動産設立
1956年 8月 西新橋2森ビル竣工
1957年 11月 西新橋1森ビル竣工
1959年 6月 森ビル株式会社設立
1959年 7月 西新橋3森ビル竣工
1973年 8月 六本木25森ビル竣工
1978年 10月 ラフォ-レ原宿オープン
1981年 9月 虎ノ門37森ビル竣工
1986年 3月 アークヒルズ竣工
1993年 10月 六本木ファーストビル竣工
1996年 10月 森茂大厦(大連)竣工
1998年 4月 上海森茂国際大厦(現 恒生銀行大厦)竣工
1999年 1月 「アーバンニューディール政策」を発表
1999年 7月 ヴィーナスフォートオープン
2000年 3月 後楽森ビル竣工
2000年 9月 赤坂溜池タワー竣工
2001年 6月 アーク八木ヒルズ竣工
2001年 10月 愛宕グリーンヒルズ竣工
2002年 9月 元麻布ヒルズ竣工
2002年 11月 プルデンシャルタワー竣工
2003年 4月 六本木ヒルズオープン
2005年 2月 オランダヒルズ森タワー竣工
2006年 2月 表参道ヒルズオープン
2008年 10月 上海環球金融中心竣工
2009年 12月 平河町森タワー竣工
2011年 1月 アークヒルズ フロントタワー竣工
2011年 3月 六本木ヒルズ クロスポイント竣工
2012年 8月 アークヒルズ 仙石山森タワー竣工
2013年 9月 アークヒルズ サウスタワー竣工
2014年 5月 虎ノ門ヒルズ竣工

このページのTopへ