企業広告

ラジオCM

「ふるさとの景色」

稲がすくすく伸びています。
田んぼの中の草は取るけれど
まわりはそのまま残してあるので
子供たちはときどき靴を脱いで
やわらかい草の感触を確かめています。
いろんな虫もやってきます。

田んぼの向こうには
ふるさとの山のかわりに
みんなが住む家がそびえています。
それは本当に「そびえる」と言うのが正しいほど
空へ向かって高く伸びる家です。

みんなが思い思いに土地を切り取るのをやめて
みんなで空に住むことを相談したら
木が増え、草が増え、そこに住む生き物もやってきました。
ここに住む子供たちは
田んぼや草むらやキラキラ光るススキの穂が
ふるさとの風景になります。

東京の真ん中、六本木ヒルズは
いまそんな街になりました。

都市はここまで変われる。
森ビルは東京を立体緑園都市に変えていきます。

COPYWRITE/DIRECTION:中山佐知子(ランダムハウス)
NARRATION:大川泰樹

このページのTopへ